スウェーデンの北欧家具は日本でも人気です

国土の半分が森で、数多くの湖の国スウェーデンはスカンディナビア半島に位置し、森と湖の国と呼ばれています。首都ストックホルムは世界で最も美しい首都と言われます。社会保障制度が整っている点でも有名な国です。女性の社会進出の場になっているのが公務員の福祉部門です。面積は日本よりやや広く、人口は日本の12分の1です。スウェーデンの北欧家具、日本でもチェーン店を展開している家具メーカーはすっかりに日本に定着している感があります。画期的な特徴は、家具がパーツに分解できること。自分で組み立てることができるので、車のトランクに積んで帰られる、流通や製造のコストを徹底的に削除し、経費削減によってやすさを実現しているということです。日本でも複数の店舗があることからテレビなどで取材もあり、家具の開発のポリシーや、価格を先に設定することなどが報道されました、ご覧になった方も多いでしょう。嚊の安さだけではなく、環境問題にも配慮していることでも有名です。そして家具に使用する木材にもこだわり、リサイクルにも積極的に取り組む姿勢などがこのメーカーの人気の原動力です。1960年代から海外進出し、フランスなどでも人気を獲得しています。北欧家具で安いからそれなりではない品質と種類の多さは魅力です。

スウェーデンを中心に展開する北欧家具の特徴

スウェーデンやデンマーク、フィンランドなどの北欧で作られた家具のことを北欧家具と呼ばれています。平均気温ですらマイナスになる長く厳しい冬を過ごす北欧では、一年の大半を家の中で過ごすことになります。そのため彼らは家の中を快適にすることを重視してきました。飽きのこないデザインと機能的で長い間使えるように実用性が求められた設計になっています。これが北欧カウが誕生した理由です。北欧家具は北ヨーロッパの天然木の特徴を生かした造りになっています。フィンランドやスウェーデンの北欧特有の気候では天然木は固く締まり丈夫になります。そのため耐久性に優れ、家具作りにとても向いた素材なのです。また、木製家具ならではの暖かみが特徴となります。自然な素材感なうえ、デザインは主張しすぎません。主張しすぎないデザインは、長く使われることを考えています。流行のないデザインなので、後世に継いでいくという考えがあるのです。丈夫で長持ちする北欧家具は、一般の日本の家具よりも価格が高いと言われています。しかし、家具は決して使い捨てではありません。エコの面から考えても、丈夫なものなので、一度使ってみればその良さがわかるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*