スウェーデン発の北欧家具が人気沸騰中

インテリア雑誌などで何かと話題になる北欧家具ですが、北欧といえばスウェーデンからやってきた大手家具店が有名で、大きな店舗には部屋のコーディネート例が沢山あり、参考にしながら憧れの北欧家具を選ぶことが出来ます。雑貨やテキスタイルも豊富に取り揃えられているので、レジャー感覚で楽しむことが出来ます。その他にも、スウェーデン発の人気の壁掛け収納システムは、半世紀以上たった今でも世界中からの愛されています。細身のフレームと木製板の組み合わせで、基本セットのほかにも自分の部屋に合わせて、好みの収納システムを作ることが出来ます。壁面を利用した収納なので、あまり広くない日本の住宅事情にも対応出来る商品と言えるでしょう。見た目もとても洗練されているので、収納と見た目の両方に満足感を与えてくれる点でも人気が衰えない理由がわかります。スウェーデンの中古の家具で人気のあるものは今でも高値で流通しています。材料は今では手に入りにくくなった木をふんだんに使い、当時の家具職人のこだわりが感じられるものが多くあります。畳の部屋にも違和感なく置くことが出来るものが多く、和のテイストとも愛称がいいので、ここ数年の北欧ブームはまだしばらく続くでしょう。

北欧家具とスウェーデン

みなさん北欧家具と聞いてどういったイメージを持つでしょうか。独特のデザイン、ポップなカラーリング、コウストパフーマンス。そのどれもが北欧家具の魅力の一つではあるがあ、やはり最大の魅力はその確かな技術ではないだろうか。北欧といえばノルウェー、フィンランド、デンマーク、スウェーデンの四カ国だ。その四カ国それぞれに魅力のある特徴を持っている。中でも家具となるとスウェーデンをおいて他にないだろう。その特徴としてあげられるのが、巨匠といはれる作品以外にも毎年多くの目を見張る新作が発表されている。もちろん昔からある作品も有名だが、若手デザイナーによる新作は価格も現実的な値段で生活の一部として取り入れるには現実的である。そもそもスウェーデンの家具がなぜこんなに受け入れられるのかというと、主張しすぎない、あくまで家具としての実用性を追求したのちにデザインが存在するからではないだろうか。一部ではそのデザインにより実用性が失われ芸術作品のようになっているが、そのほとんどが生活環境に溶け込み必要な道具として活躍している。やはり家具は毎日手で触れて使うものだから便利にこしたことはない。頑丈でオシャレな北欧家具が人気なのは当然の理由だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*