人気のスウェーデンなどの北欧家具について

北欧家具とはスウェーデンやデンマーク、ノルウェーなどスカンジナビア半島の国々でデザインされたり作成された家具のことを指します。人間工学にのっとってデザインされていたり、環境を考えていたり、一見変わったデザインをしていることも多く、スタイリングも優れているので人気のある家具です。スウェーデンなどの北欧家具を買う際に気をつけるべきことがあります。日本とは家のつくりが違うので大きさなどが不釣合いに感じてしまうことがあるのです。また、おしゃれなデザインですが、他の家具と調和を取るのが難しいことがあります。その辺りはスウェーデンなどの北欧家具を買う際だけに限らないのですが、自宅の寸法や何を置きたいのか、メモなどして全体のビジョンをしっかりと設計してから購入に臨むと失敗がありません。当然ですが、重量なども考えておくと良いでしょう。通販ならばそのまま持ってきてもらえますが、店舗での購入の際には持ち帰りの手段を考える必要があります。また、固定する大型の家具を購入した際には重心などに注意して地震対策など安全に対する配慮もしっかりと行っておくと実際に災害が起こってしまった時には被る損害が最小限に抑えられます。

北欧家具と言えばスウェーデン

木の温かさが好きな人は家具を選ぶときに北欧家具は外せません。北欧家具と言えばスウェーデンが思い浮かびます。スウェーデンとはどんな国なんでしょうか。スカンジナビア半島にあるこの国は、半島の中で最大の面積を誇ります。その国土の半数が自然のまま残されている手つかずの土地で深い森や多くの湖や沼なのです。北欧の中でも社会保障制度の行き届いた国と言う認識がされていますが税金の制度や医療、高齢者福祉などに手厚い福祉国家としても注目を浴びています。北欧の人たちは、長い冬があるために家の中で過ごす時間がとても多く、家具も飽きのこないシンプルなデザインが多く使われています。日本の家具と同様に、木材を使いシンプルなデザインは日本人に受け入れやすいデザインと言えるのです。また、古くから熟練した職人の技を持っている家具職人の手で丁寧に作られている家具は、耐久性に優れています。丁寧に使えば、何十年も使うことが出来る財産となるでしょう。シンプルで飽きのこないデザインと、職人が丁寧に作り上げ耐久性にも優れている北欧家具は、木の風合いや使い勝手の良さで日本人の生活にすんなりと溶け込んでいます。スウェーデンで作られている家具は本物志向の家具と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*