北欧家具とスウェーデン

快適に生活するにはストレスをなくしていく方がいいだろう。そのためには身の回りの設備を整える必要があるのではないだろうか。例えば家具に目を向けて見る。お気に入りの家具に囲まれた生活はとても快適ではないだろうか。ではどういった家具がいいのだろう。スウェーデンやフィンランドでは家で過ごす時間が長い。白夜の関係もあるだろうが、家で過ごす時間をとても大切にしている。そのためよく考えられた家具が多い。北欧家具というものだ。北欧家具は家具単体で見ても十分魅力的だが実際に使用して始めてその効果をはっきする。使いやすいのはもちろんだが、そのデザインから一つの作品になっている。どれも主役になれるだけの魅力をもっているが自然な感じに部屋に馴染むのが不思議なとこだ。とくにスウェーデンの家具は色使いやデザインなどが優しい感じがするのが特徴てきだ。部屋での時間を快適にサポートしてくれるそれが北欧家具だ。日々の生活が快適になれば自然とストレスも減ってくるのではないだろうか。家で過ごす時間を大切にしていく考え方はとても大事で子供えの教育にもつながるのではないだろうか。家族で過ごす時間が増えることにより人生にいい影響があると思う。

北欧家具と言えばスウェーデン

今でこそ北欧家具は日本国内でも市民権を得てデザインの高い生活家具として知られています。そのデザイン性の高さは、最近ではなく昭和の時代からずば抜けてました。日本で知られるずっと以前から知る人ぞ知るデザインで有名な家具のブランドがスウェーデンにありました。当時は、インターネットもない時代でした。円も今ほど高くなかった時代です。国際的なビジネスマンの家族などが、面倒な個人輸入までして北欧家具を揃えた時代がありました。為替レートの関係でかなり高価でしたが、デザインの本質を知っている人々によって支持されていました。それが今の北欧家具ブームの前段となったのでしょう。徐々に普及の土壌ができあがっていきました。特にそのデザインで有名なスウェーデンの家具ブランドは、日本でブームになる前に一足早く国内に輸入総代理店を都内にオープンさせました。おそらくこの分野で国内第一号店です。ちょうどその頃です。インターネットの時代になりやがてブログの時代になって一気に知れ渡りました。そして今日の北欧の家具のブームにつながったのです。いいものはいい。我々日本人の生活は、平成になって格段に変わりました。気がつけば、生活必需品や家具は昭和と比べれば格段にデザインの優れた製品に囲まれるようになったのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*